浅井の営業論

売れぬなら、売れるまで耐えようホトトギス

新入社員の離職を防ぐフォローの仕方


新入社員の離職を防ぐのは企業の課題です。多大なコストを掛けて採用した新入社員が一年未満で離職してしまっては、コストを回収できないどころか、社員の回転の速いよろしくない企業風土が出来上がってしまいます。

では、どのようにして新入社員をフォローすればよいのか?

時期としては現場に出始めてから1カ月目、3カ月目、6ヶ月目を目途にフォローする必要があります。

最近の新入社員はとてもナイーブで、打たれ弱い傾向にあります。運動部の経験があれば別ですが、厳しい指導を受けたことがない新入社員の彼らは、離職の危険度が高まります。

まず、新入社員が離職する一番の原因は、自信の喪失です。なぜだかわかりませんが、新入社員は自分ができると過信をしています。自信過剰な状態です。しかしながら、現実はそう甘くはありませんし、上司が優しいとも限りません。

自分には向いていないのではないだろうか。自分にはできないのではないだろうか。と、ネガティブになります。

ちょうど、早い段階で成績を出し始める同期もチラホラとみられる時期です。他人と比べることで、自分の価値を下げて考えてします。それが、自信喪失に繋がり、離職という答えになってしまいます。

モチベーションが高い状態であれば、他人と比べることで行動量が増えるはずですが、ネガティブな状態であれば逆効果になります。

そんなときに大切なのは、上司からのフォローです。数か月で全てを判断することではなく、今は修業の身として忍耐を養う大切さを伝える必要があります。

これを、現場サイドで行うか、研修で行うかは各社それぞれかと思いますが、研修でしっかりとモチベートされても、現場でつぶされるケースは少なくありません。

新入社員の離職を防ぐフォローで最適なのは、上司からの期待と信頼がなによりです。権力で新入社員を動かすのではなく、魅力で新入社員のフォローをしてもらいたいものです。

 

浅井隆志

 

離職率が53.6%から13.7%に劇的改善!
セールスの学校 新入社員研修はこちら

急成長ベンチャーから超大手が導入!
セールスの学校 営業研修はこちら

お陰さまで15,000部超ベストセラー
検討しますを言わせない営業術 購入ページ

31,500円のセミナー動画を無料公開中
検討しますを言わせない営業術 動画ページ

事例からビジネスを速習できる!
浅井の無料メールセミナーはこちら

業界の成功者から学ぶ 対談シリーズ
ビジネスマンよ大志を抱け 特集ページ


Updated: 2013年11月29日 — 12:53 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

浅井の営業論 © 2013 Frontier Theme