浅井の営業論

売れぬなら、売れるまで耐えようホトトギス

修学旅行から学ぶ社員育成


学生時代、修学旅行に行かれた方は多くいらっしゃると思います。思い出も様々だと思いますが、記憶に残るのは悪ふざけしたことばかりです。

大人になってから行く、京都や奈良は格別な旅行です。歴史を感じ取ったり、日本人としての奥ぶかさを探求できる時間は、至極のひと時です。

なぜ、学生時代の修学旅行と大人になってからの旅行では、こうも感じ方が違うのでしょうか。

学生時代に修学旅行というと、「勉強をしないで遊びに行く」と行った感覚でしょうか。さらに行き先、宿泊先、食事などひっくるめて学校が決めてくれます。言い方を変えれば決められてしまいます。

一方で大人になってから行く京都旅行は、自分達で計画を立てて実行します。どこのお寺にいくのか、どこで食事をするのか、どこで写真を撮るかなどなど。

学生時代の旅行は、「目的を持たず、決められたプロセスに乗っ取る」と言えます。
大人の旅行は、「目的を持って、プロセスを構築する」と言えます。

僕自身、学生時代の修学旅行の記憶はほぼ残っていません。大人になってから行った京都旅行は、とても記憶に残っています。これは、経過年数ではなく、どれだけ自主的に自分が挑んだのかの違いではないでしょうか。

社員育成で大切なことは、まさにこの例のように「社員に目的意識を持たせる」「社員自ら行動を考えさせる」ことではないでしょうか。

親から言われて泣く泣くやる宿題よりも、勉強が楽しくてやる宿題のほうが身につくのは、目的意識の違いです。

社員を育成するはじめの一歩は、「目的意識」です。

ご参考ください。

 

 

離職率が53.6%から13.7%に劇的改善!
セールスの学校 新入社員研修はこちら

急成長ベンチャーから超大手が導入!
セールスの学校 営業研修はこちら

お陰さまで15,000部超ベストセラー
検討しますを言わせない営業術 購入ページ

31,500円のセミナー動画を無料公開中
検討しますを言わせない営業術 動画ページ

事例からビジネスを速習できる!
浅井の無料メールセミナーはこちら

業界の成功者から学ぶ 対談シリーズ
ビジネスマンよ大志を抱け 特集ページ


Updated: 2013年12月4日 — 10:26 AM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

浅井の営業論 © 2013 Frontier Theme