浅井の営業論

売れぬなら、売れるまで耐えようホトトギス

飛び込み営業 3つの極意


営業の飛び込みは一番難しい営業かもしれません。そもそも、あなたが提案する商品やサービスに興味がないかもしれないからです。ということを考えると、営業の飛込みでは、特に興味を持たせることが大切になります。

ここでは、営業の飛び込みで大切な3つのポイントについてお話します。

■営業の飛び込み 極意その1

営業の飛込みでは、短時間で興味を持たせることが必要になります。

そのため、飛び込み時にどれだけ短い言葉で興味を持たせられるかが勝負どころです。

営業の飛び込みでダメな例
「こんにちは、私○○会社の浅井と申します。このエリアの担当になりまして・・・」

営業の飛び込みで良い例
「今の家賃と同じ支払で、広いマンションを買うことができる○○会社の浅井です」

この違いをご理解いただけますでしょうか?営業の飛込みでは15秒程度で興味を持たせる声掛けが必要になります。あなたの商品やサービスを買ったとしたら、どんなメリットがあるのか?その答えが一番最初に伝えるべき言葉です。

■営業の飛び込み 極意2

営業の飛び込み時に気をつけなければいけないこと。それは声のトーンです。

1トーン上げて、元気良い声で・・・

はっきりいって、これダメです。いわゆるショップの店員さんのような「いらっしゃいませぇ~」の声質。これは、”はい、これから僕はあなたに売り込みますね”というサインを送るのと同じです。そうしてしまうと、人は売り込まれたくないバリアを張ります。

営業の飛び込みで成果を出せる人は、常に普通です。友人宅を訪ねるように普通の声の大きさ、トーン、表情です。一度実践で試してみてください。

■営業の飛び込み 極意3

営業の飛び込みではモチベーションが重要になります。

僕も飛び込みでマンションを販売していたときに、ピンポンを押すことが怖くなってしまった経験があります。

では、どのようにしてモチベーションを維持するのか?

答えは簡単で、逆転の発想です。

お客様を探すのではなく、断られに行く。それが仕事だと思う。

お試しください。

浅井隆志

動画バージョンはこちら

 

離職率が53.6%から13.7%に劇的改善!
セールスの学校 新入社員研修はこちら

急成長ベンチャーから超大手が導入!
セールスの学校 営業研修はこちら

お陰さまで15,000部超ベストセラー
検討しますを言わせない営業術 購入ページ

31,500円のセミナー動画を無料公開中
検討しますを言わせない営業術 動画ページ

事例からビジネスを速習できる!
浅井の無料メールセミナーはこちら

業界の成功者から学ぶ 対談シリーズ
ビジネスマンよ大志を抱け 特集ページ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

浅井の営業論 © 2013 Frontier Theme